メンズ

デマンドコントロールでお手軽節電|注意すべき第一種特定製品の扱い

機能性が非常に高い

男性と女性

雨天での作業に欠かせないものといえば、カッパです。一般の量販店で売られているカッパは、機能性よりも携帯性に重きを置いているため、作業に用いると耐久性や通気性に問題が現れます。作業用カッパを導入すれば、雨天でも安全快適に作業ができるでしょう。

扱いに注意が必要な機器

作業員たち

フロンガスを使用している業務用の機器は、第一種特定製品と呼ばれています。取り換えによってガスを漏らした場合や、劣化によってガスを漏らした場合は罰則の対象となるため、取り扱いには注意が必要です。専門の会社に依頼すれば、ガスを漏らさず取り換えや修理を行なってくれます。

自動で節電に貢献する

作業員

多くの企業が行なっている取り組みといえば、節電対策が挙げられます。オフィスでは、快適に業務ができるよう、室内でさまざまな電気設備を活用しています。窓からの日差しを遮光カーテンで遮り、室内灯をつけることで、日光で眩しい思いをさせずに業務を行なわせることができます。また、エアコンを絶えず使用することにより、室温を快適な状態にキープして業務の生産効率を上げさせることができるのです。このようにたくさんの機器を利用した状態は、電気代の負担も大きなものとなるため、節電によってコストを抑えたいとする会社も多いでしょう。照明の明るさを変え、エアコンの設定温度を高くすることで、節電効果が得られます。しかし、人の手でこうした節電対策を行なうとなると、手間も掛かるため問題となるでしょう。デマンドコントロールシステムを導入すれば、社員の手を借りずに節電対策を行なうことができるでしょう。

デマンドコントロールのシステムは、各種センサーによって室内の状態を把握し、機器の制御を行なってくれます。夏場などの日射量が多い季節であれば、室内の照明の明るさを自動で暗くして、節電に貢献してくれるようになります。また、室温を感知するセンサーによって、外気温に合わせてエアコンの温度設定を行なうこともできるのです。人の手では行なうことができない、細かな節電を行なうことができるのが、多くの企業に導入されるデマンドコントロールの最大の魅力となるでしょう。

選べる種類

フェンス

建物の周囲に設置するフェンスには、さまざまな種類があります。電車の車線や車道が近くにあるオフィスであれば、外からの騒音に悩まされるようになります。防音フェンスを設置することで、騒音被害を抑えることができるでしょう。